ポニーリーグについて

ポニーリーグとは

 私ども が所属するポニーリーグですが、ポニーリーグとは、リトルシニア・ボーイズリーグなどと同じく中学硬式野球のリーグのひとつで、日本国内でおよそ70リー グが加盟しております。1リーグ(球団)に複数のチームを編成することができますので、実際に大会などにエントリーするチームの数はさらに多くなります。

 

 1950年秋、ポニーリーグは米国ペンシルバニア州ワシントンで誕生しました。
 ポニーリーグは13才及び14才の少年(中学生)によって構成される野球リーグです。ポニーは英語で子馬を意味し、中学生の若々しく元気な姿を連想して名 付けられたといわれます。またPONYの頭文字にはProtect Our Nation’s Youth-国の青少年を守ろう-という精神が込められています。2年後の1952年には全米に広がり、全米選手権大会が開催されました。
 その後、ポ ニーリーグを母体として組織は拡大。コルトリーグ(15才〜16才)、ブロンコリーグ(11才〜12才)が追加加入され、米国ボーイズ・ ベースボール協会と呼称されました。現在はシェットランドリーグ、ピントリーグ、マスタングリーグ、パラミノリーグが追加され7階級に分かれています。
 また広く海外にも渡り、30カ国までに地域を広げ、毎年世界選手権大会が開かれるようになりました。

2013年優勝:沖縄選抜チーム
2013年優勝:沖縄選抜チーム

 日本で は1975年(昭和50年)、米国ボーイズ・ベースボール協会ポニーリーグ公認のもと、日本ポニー・リーグ野球協会が結成され、更に翌年には小学生 高学年を対象としたブロンコリーグが加わり、改称ののち、現在の日本ポニーベースボール協会となりました。2014年には日本硬式少年野球連盟(ジャパン リーグ)と統合し新たな出発を果たしています。 

 なお、2013年のポニーリーグ世界選手権大会では、日本代表の沖縄選抜チームが見事世界一に輝いています。


ポニーリーグ公認球
ポニーリーグ公認球

ポニーリーグの特色

○試合に出られるチャンスが多い
 私たち坂東ポニーの選手が30人いたとしたら、大会には2~3チームを編成して出場できますので、「3年間公式戦に出場できなかった・・・」なんてことはありません。ポニーリーグでは、試合に出られない選手がいない事を目的にしています。

 

○リエントリー制度

 スタメン9名に限って、一度選手交代でベンチに戻っても再度試合に出られるというルールがあります(投手だけは再び投手には戻れません)。

 選手交代にあたって、後のことを考えると指導者も容易に選手交代に踏み切れず、従って控えの選手は プレーの機会を失いやすい、という問題をスタメンを後に戻せるというルールを採用することによって解決し、1人でも多くの選手が出場できる、という事を可能にしています。

 

○公式戦を多く経験できる

 主な大会は、負けたら終わりの完全トーナメントだけではなく、予選などはブロックごとにリーグ戦がおこなわれます。敗戦から学び、再び上位を目指すことができるという、選手達にとって挑戦しがいのあるリーグとなっています。

 

○世界を目指せる!?

 ポニーリーグは世界規模の組織ですので、国内大会だけでなく、AP(アジア・パシフィック)大会や、世界選手権大会への切符を手にする事も可能です。

 あまり知られていないことですが、日本の中学硬式野球リーグで、唯一世界大会への道がつながっているのがポニーリーグなのです。

 


ポニーリーグ出身のプロ野球選手

 ポニーリーグはアメリカ発祥なので、メジャーリーガーの7割ほどがポニーリーグ出身だそうです。 日本でも、ポニーリーグ出身の選手たちが甲子園をわかせ、大学・社会人・プロ野球などで活躍しています。 ここでは、ポニーリーグ出身の日本プロ野球選手を一部ご紹介します。

栗山秀樹 氏 ヤクルト-現北海道日本ハム監督

小平ポニーズ出身。3年時には投手として地域選抜の代表に選ばれ、日米大会に出場。大会でMVPを獲得する。

高橋由伸 氏 現巨人監督

千葉ジャガーズ出身。4番・エースとしてチームを全国大会2連覇に導いた。

清水隆行 氏 元巨人-埼玉西武

江戸川ポニー出身。ポニーリーグ世界大会に出場。

石井一久 氏 元ヤクルト-米ドジャース-埼玉西武

北千葉ポニー出身。ポニーリーグ世界大会に出場。

今井達也 氏 埼玉西武

鹿沼レッドソックス出身。3年時に全国大会出場。